看護師が転職するメリットとは?悩んでいるなら【逃げるが勝ち】です

看護師を辞めて、他の仕事をしたいと思ったことはありませんか?

いろんなストレスから解放されて、自由になりたい。

そう思いませんか?

今の職場が辛くて転職したい。そう思うことないですか?

そんな転職をして、メリットあるの?と思うかもしれません。

結論、転職後のメリットはたくさんあります。

昔は、一つの職場に尽くして、長く働くことが良いとされてきました。

ですが、最近ではそういった考え方は古くなりつつあると思われます。

実際私の周りには、
旅行に同行する看護師派遣のバイトや、
テーマパークの看護師バイトをやっている友人も居ました。

今後、看護師の働き方・働く場所は、変化していくと思われます。

一つの職場しか知らずにいることは、
良い面ももちろんありますが、
考え方が固まってしまうというデメリットもあると思います。

もちろん、病棟で日々奮闘してくれている看護師さんには感謝です。

ですが、一つの職場で長く務めることも良いですが、その職場での価値観やものの見方、基準値しか知らない人になってしまうと私は思います。

まして、そこの職場がとても辛くてブラックなら、なおさらですね。

実際に、私も看護師を辞めた後、

看護と関係ない事務の仕事をしたり、
マッサージのバイトをしたり、
ビジネスを学んだり、
海外に行ったり
派遣の看護師をしたり、
いろいろ経験しました。

その経験は、私の人生や考え方を変えてくれました。

今でもとても役に立っています。

もしあなたが、かなりブラックな職場で働いているなら、
逃げてもいい、と私は思います。

この記事では、

  • 看護師を辞めて、転職したい人
  • 病院や施設以外で働きたい人
  • 看護師と全く関係ない仕事をしたい人
  • 看護師の仕事に悩んでいる人

こういった人向けに、

メリット、デメリットを踏まえて解説していきたいと思います。

看護師転職するメリット

経験値や知識が増え、自分が成長できる

看護師として、1つの職場で長く働くことも、

もちろん素晴らしいと思います。

ですが個人的には、1つの職場しか知らない中堅看護師は

価値観や考え方が固まってしまい、固定観念がとても強い人が

多い印象を受けます。

もちろん、全員がそうではありません。

逆にいろんな職場を経験している看護師さんは、

後輩の悩みや患者さんとのコミュニケーションにおいても

柔軟な考えで受け入れているようなイメージがあります。

(あくまで私が出会った人の印象ですが)

転職することは、

他の職場の考え方や価値観を知ることができ、

いろんな看護師の看護観を知ることができます。

例えば病院で常識だと思っていたことが、

在宅看護では通用しなかったりします。

いろんな職場を経て、いろんな経験を積むことで、

自分自身の成長に必ず繋がります。

交流が増える

いろんな職場を経験することで、人脈は増えるでしょう。

私は転職してから、仲の良い看護師の友人が増えました。

いろんな人と交流することで、先ほどにも述べたように、

自分自身の成長にも繋がり、

いろんな価値観に触れることができるでしょう。

自分のやりたいことが見つかる

看護師として働くなら、

今いる病棟、科と違うことを学びたい人もいるでしょう。

もしくは、看護師の資格を活かしつつ、

フリーランスとして働いてみたり、

まったく看護師と関係ないことで

やりたいことが見つかったりすることもあるでしょう。

私の場合は、前職を一度やめてから、

フリーランスとして働きたいと考えるようになりました。

一生懸命働いているときには、

「こんな風に働きたい」と理想があったとしても、

日々の忙しさの中で、うやむやになってしまいます。

お金に余裕があるなら、

一度退職し、自分探しをしてみるのも良いかもしれませんね。

給料が増える場合もある

私は転職して、給料が増えました。

厳密には、正社員からパートになったので、

ボーナス分は減りました。

ですが、月給はプラス4万円増えたので、

ボーナス分が減ってはいるものの、とても満足でした。

以前の職場は準夜勤からの日勤や、待機、残業

今思えばハードなシフトの日もありました。

転職後は、日勤のみ、残業なし。

定時にすぐ帰る職場の雰囲気は、とてもありがたいです。

働く環境や給料が違うと、

自分の満足度はこんなにも違うのかと思いました。

リフレッシュできる

一度退職すると、

「明日仕事に行かないといけない」という嫌な気持ちから解放され、

日々の緊張感やストレスからも解放され、

リフレッシュすることができるでしょう。

もし今の職場の人間関係に悩んでいたり、

体調不良が続いているなら、

一度やめてリフレッシュしてみると、

次に自分のやりたいことが、見つかるかもしれませんね。

看護師が転職するデメリット

再就職の際に、不利になる場合もある

短期間のスパンでなんども転職すると、面接で不利になることもあるようです。

またうちの職場でもすぐにやめるのか?と思われ

前職を退職した理由なども詳しく聞かれたりするようです。

もしそのような場合には、事前に質問されそうなことと、

その回答を自分の中で用意しておくと良いでしょう。

理由をちゃんと言えて、好印象を作ることが大事です。

給料が減ることもある

転職して、給料が減ることもあるでしょう。

給料よりも人間関係や、働きやすさ、仕事のやりがいを求めて

転職すると、給料面での犠牲を払うこともあるかもしれませんね。

せっかく看護師の資格をとったのにと言われる場合もある

看護師以外の仕事につくと、

「せっかく看護師の資格をとったのに」とかなり言われます。

私自身がそうでした。

でも、看護師はいつでもやり直せます。

勉強さえすれば、いつでも看護の仕事に戻ることができます。

それならいっそのこと、違う仕事をしてみて、

自分の経験値をUPさせるのもアリだと、私は思います。

いずれにせよ、その言葉を言われたときに

自分の中での理由や目的があることを

明確に話せると良いでしょう。

看護師資格を活かせる他の仕事

派遣ナース

病院、クリニック、施設、デイサービスなどいろいろあります。

派遣で、私自身も施設で働いていました。

派遣とはいえちゃんと仕事も教えてもらえて、

会議などには参加しなくてよくて、

時給制なので定時で帰れます。(私の場合です)

企業(産業)看護師、保育園の看護

企業(産業)看護師は、人気があり求人が少ない可能性があります。

企業(産業)看護師のメリット

  • 体力的負担が少ない
  • 医療ミスなどのリスクが少ない
  • 土日やお盆など休みがしっかり取れるところが多い
  • 残業が少ない

企業(産業)看護師の主な仕事は、その企業の従業員の健康管理です。

主にメンタルのケアが重要になっているようです。

求人サイトの非公開求人で紹介されるケースが多いようなので、

一度登録して、問い合わせるのが確実です。

看護師の転職サポート≪登録無料≫マイナビ看護師

看護師の求人、募集は【看護のお仕事】

保育園の看護師は、とにかく子供が好きな人には向いているでしょう。

子供がケガをしたときや、体調を悪くしたときに主に仕事があります。

その他の時間は、保育士さんと一緒に子供と遊んだりしているようです。

体力的には大変な所と、そうでない所があるようですが、

子供が好きな人にはオススメです。

看護師資格が必要ないが、経験が活かせる仕事

WEBライター

私自身はこれをやっています。

医療、健康、美容などの分野で記事を書いています。

看護師の資格は必要ありませんが、

知識と経験を活かして、文章を書いています。

ブログ以外にも、受注して納品している記事もあり、

主に看護師求人サイトや、医療系サイトなどに使われます。

WEBライターになるには↓

看護師以外の仕事

私自身は、マッサージのアルバイトや

事務やイベントの派遣のお仕事、在宅ワークなど

全く看護師と関係ない仕事もしたりしていました。

看護から一度離れると、かなりリフレッシュすることができ、

良い経験になるでしょう。

在宅ワークをしてみたり、いろんな仕事を経験したことは、

今後の人生に活かせると思います。

また、看護師以外の他の仕事で、

特にリモートワークや在宅で可能な仕事を

勉強するのも良いかもしれませんね。

Fammママwebデザイナースクール

嫌な仕事から逃げてもいいのか?

結論、逃げてもいいと私は考えます。

人生は一度きりです。

私はまなぶさんのこの⬇︎の動画から、とっても元気をもらいました。

そうか、やっぱり逃げてもいいのか、って。

逃げてもいいのか?って思う人や不安な人は

よかったら参考に見てください。

社員を洗脳する言葉、「ここで逃げたら一生逃げ続ける」

=「お前が逃げたら、自分の負担が増える」

これは本当にその通りだなーと思います。

まとめ&追記

新型コロナウイルスの拡大により、

看護師も転職しずらくなっている雰囲気があるかと思います。

そのため、この記事はかなり前に書いたのですが、削除していました。

ですが、「看護師をやめたい」「転職したい」と

考えている人は減っていないようで、

この記事を再度修正し、アップすることにしました。

しつこいようですが、人生は一度きりです。

退職も転職も、メリットはたくさんあり、

あなた次第でいろんなチャンスをつかむことが可能です。

もしあなたが悩んでいるなら、

上司や今の職場に洗脳されず、

自分自身の未来を切り開いて行きましょう!

ポチッとして頂けたら嬉しいです